カジノという場は、華やかさとゴージャスさにあふれたエレガントなところです。「カジノ」と聞いて最初に連想するのは、美しいジュエリーやヘアスタイルで優雅に着飾った女性や、黒いキレイなスーツに身を包んだ紳士ですよね。まるで映画のワンシーンのような光景ですが、このようなきちんとしたドレスコードスタイルは多くのカジノで採用されています。

ドレスコードはカジノによって異なります。世界的に超有名なカジノでは、そのブランドイメージに特別な注意を払い、伝統的なドレスコードを定めています。他よりも厳しくエレガントな服装を要求しているカジノもある一方で、もっとカジュアルな服装でも歓迎してくれるカジノもあるのです。

 

カジノでのオシャレな服装とは?

『ジェームズ・ボンド』シリーズの映画を観たことがある方なら、カジノにいる男性が黒い燕尾服に白いベスト、白いボタンシャツ、白いネクタイを身に着けていたのを覚えている人も多いでしょう。ちょっと現実離れしているように見えますが、これはあくまでも真実なのです。有名な高級カジノともなれば、このように最もかしこまった正装をします。

世界的に著名な男性は、黒いスーツに白いネクタイや蝶ネクタイをしてカジノにやってきます。一方、女性もエレガントで荘厳な装いをします。例えば、ロングのイブニングドレスは必須です。ジュエリーや手袋は必須ではありませんが、あったほうが全体的な印象がより良く仕上がるでしょう。

このように装いを完成させれば、世界最高で最もエレガントなカジノでも歓迎されることは間違いありません。エレガントな装いのもう一つのメリットは、人々の印象に残るということでしょう。誰もがこれほどエレガントなカジノを訪れる機会があるわけではありませんが、はるかに知名度の低いカジノでも特定のドレスコードが存在することをお忘れなく。エレガントな装いは、ラスベガスやモンテカルロにある高級カジノだけに適用されるわけではありませんので、常に気を緩めないようにしましょう。

 

スポーツウェアは避けるべし

もちろん、すべてのカジノでスポーツウェアがタブーとされているわけではなく、スポーツウェアの着用が認められているカジノも多いです。がしかし、高級カジノとなると、ジムスタイルはおすすめできません。下手をすると、カジノに入店できない可能性すらあります。大袈裟な話のように聞こえるかもしれませんが、客を失うことを犠牲にしてでも、ドレスコードにこだわるカジノオーナーは多いのです。

また、スポーツウェアの他に好ましくないのは、破れたジーンズ、プリントTシャツ、ミリタリーデザインなどです。というのも、これらはすべてカジノの雰囲気に馴染まず、カジノオーナーが表現したい高級感とはマッチしないからです。

 

エレガントな服装を身にまとう

カジノに行くときは、歴史ある劇場に行くような気持ちで準備すれば、間違った格好にはならないでしょう。ほとんどのカジノは、エレガントでシリアスな雰囲気を醸し出したいと思っているため、そのような客層を惹きつけようとしているのです。美しく厳粛でありながら、心地よさを感じさせるスタイルにこだわりましょう。男性の場合、スーツやワイシャツ、襟付きのポロシャツなどがふさわしいです。

女性の場合は、エレガントなスタイルがおすすめですが、シャツとスカートという形で、オフィススタイルを見にまとうのもいいでしょう。面白い点として、女性の靴に関しては、ヒールを履く必要はほとんどありません。ですから、特に長時間立つことになるだろうなと分かっている日は、ハイヒールを省くことも可能です。また、ジュエリーも必須ではありません。メイクやヘアスタイルは、控えめながらもエレガントであればいいでしょう。